Curfexは香港の送金サービス業者。安全性や登録方法についてのまとめ

Curfex(カーフェックス)は香港に設立された海外送金サービスです。

日本では、主にAXIORY(アキシオリー)の送金方法として利用されていますね。

そんなCurfexの安全性や手数料について本記事では解説しています。利用前の注意点もまとめているので、不安な方はぜひチェックしてください。

AXIORYのすべての入金方法については以下の記事をご覧ください。

AXIORYの入金方法で手数料無料なのはこれ!絶対確認すべき項目まとめ

Curfexとは?

Curfexの評判と登録方法

内容
資金移動行者名CURFEX JAPAN株式会社
登録番号関東財務局長 第00059号
登録年月日平成30年6月12日
法人番号3010001183897
郵便番号100-0004
本店等所在地東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビルヂング4階
代表等電話番号03-6555-2050

Curfex(カーフェックス)とは、香港のオンライン送金サービスです。Curfexを使うことで、海外銀行間の送金を銀行を通すよりも早く、手数料も安く行うことができます。

日本ではCURFEX JAPAN株式会社がサービス提供をしており、金融庁HPの資金移動業者登録一覧にも名前が載っています。

資金移動業者登録一覧引用:金融庁HP:資金移動業者登録一覧

表を見ればわかるように、メルペイや楽天Edy、PayPayなどと同じ括りの送金サービスです。

厳しい基準をクリアしている信頼性の高いサービスだということがかりました。

続いて、オンラインウォレットとの違いを見ていきましょう。

Curfexとオンラインウォレットの違い

Curfexの評判と登録方法

CurfexBitwallet
STICPAY
ウォレット機能なしあり
ウォレット同士の送金なしあり
銀行への送金/着金可能不可

STICPAYやbitwalletなどのオンラインウォレットとの違いは上記の通りです。

オンラインウォレットは、その名の通りウォレット(=財布)です。オンライン上に財布を作るので、その財布へお金を出し入れできます。お金のやり取りはオンラインウォレットを通してしかできないので、直接銀行へ送金したりすることはできません。

オンライン送金サービスは、送金サービスです。オンラインウォレットと違ってお金を貯めておくことはできません。しかし送金サービスを使って銀行へ直接送金することができます。

どちらも手数料の高い海外銀行送金の代わりとして生まれた優秀なサービスです。

オンラインでお金を貯めておきつつ送金サービスを利用したい方はオンラインウォレット(bitwallet)をご利用ください。

海外に手数料を安く送金するだけで良い方はオンライン送金サービス(Curfex)がおすすめです。

Curfexの手数料

Curfexの評判と登録方法

Curfexの手数料は、一律1%です。

入金手数料も送金手数料も1%なので、銀行送金と比べると破格に安いですね。

仮に10万円送金すると仮定して手数料を計算してみましょう。

Curfex海外銀行送金
送金手数料1000円3500円
着金手数料1000円3500円

海外銀行送金は送金元銀行の仕向手数料+中継銀行の手数料がかかってしまいます。それに対してCurfexはCurfexでの手数料のみで送金することが可能です。

手数料を抑えたい方にはうってつけのサービスですね。

ちなみに他の入金サービス(STICPAY/bitwallet)と比較した表も確認してみましょう。(入金10万円の場合)

CurfexSTICPAYbitwallet
ウォレットへの入金手数料2%0.50%
送金手数料1000円0.3ドル+2.5%100円
着金手数料1000円0.3ドル+2.5%100円
ウォレットからの出金手数料800円+2%824 円

ちなみにAXIORYへ入金・出金する場合は、二万円以上の入金で送金手数料と着金手数料が無料になります。ゆえにCurfexからAXIORYへの入金手数料・出金手数料は無料です。

Curfexの評判と口コミ

Curfexの評判と登録方法

口座開設方法・利用方法を説明する前に、評判と口コミを見ておきましょう。

ツイッターの評判と口コミで多かったのが、「送金速度が早くて良い」という点でした。

一方、デメリットとして「登録がめんどう」との意見もありました。

登録が面倒くさいのは仕方ありません。日本の基準が厳しいので、日本で法人設立して運営するためには厳格な本人確認が必要ですからね。

それでは口座開設方法を解説していきます。

Curfexの口座開設方法

Curfexの評判と登録方法

Curfexの口座開設方法を画像付きで見ていきましょう。

1.Curfexページへアクセス

Curfexの登録方法

まずはCurfexの公式ページへアクセスしてください。(Curfex公式HP)

会員登録を押すと会員登録ページへ進むので、「Email」「パスワード」を入力しましょう。

2.お客様情報を入力

Curfexの登録方法

続いてお客様情報を入力していきます。送金原資はJPY(日本円)です。

生年月日はこの後の身分証明書の確認で利用するので正確にご記入ください。

3.住所と身分証明書の添付

Curfexの登録方法

住所を入力したら、マイナンバーと運転免許書/パスポート/住民票の写しをアップロードしてください。

さらに本日の日付を書いたメモと本人確認書類を掲げた自撮り写真を撮る必要があります。

4.確認メールを認証すれば登録完了

Curfexの登録方法

最後まで終わると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届きます。

URLをクリックして認証すれば、登録完了です。

Curfexの利用方法

Curfexの評判と登録方法

AXIROYでCurfexを使った国内銀行送金の方法についてご紹介します。

まずはMyAxioryにログインしてください。口座一覧がでてくるので、入金したい口座をクリックし「入金」を選択してください。

Curfexによる国内入金

続いて国内銀行送金を選択してください。

Curfexによる国内入金

またCurfexで登録していない方は先に登録する必要があります。以下の文言が出てきたら、そのままCurfexのHPへ進んで会員登録してください。

私は、ペイメント会社であるCurfex Japan Inc (Company No.0100-01-183897)の登録目的において、個人情報を提供することに同意し、資金移動に必要な個人情報及び身分証明書を提供します。

登録している方は、続いて入金先銀行口座を選択しましょう。「Rakuten Bank(楽天銀行)」「Mizuho Bank(みずほ銀行)」「PayPay Bank(PayPay銀行)」から選ぶことができます。

Curfexによる国内入金

選択した銀行ごとに入金先情報が表示されるので、お持ちの銀行から送金すれば入金完了です。

Curfexによる国内入金

Curfexの注意点

Curfexの評判と登録方法

最後にCurfexを利用する上での注意点をご紹介いたします。

入金は日本円のみ

Curfex自体は香港、韓国、フィリピンなど世界中の銀行に送金することができます。

しかしAXIORYへ送金する場合、日本円での送金のみ可能です。

本人確認が必須

Curfexは誰でも利用できるというわけではありません。登録と本人確認まで完了した人だけが使うことができます。

利用したい場合はCurfexで登録してから利用しましょう。

入金実績がないと出金できない

AXIROYからCurfexを使って出金したい場合、Curfex経由での入金履歴が必要です。

Curfexで入金をした方であれば、Curfex経由で出金ができます。

Curfexに関するQ&A

Curfexの評判と登録方法

Curfexの口座開設で審査はある?

Curfexで口座開設するにあたって、審査は特にありません。身分証明時にマイナンバーカードと運転免許証やパスポートなどの身分証明書が提出できれば登録することができます。

Curfexは複数口座開設できる?

Curfexでは複数口座を作成することはできません。そもそも単なる送金サービスでお金を管理しておく機能はないので一種類で十分でしょう。

Curfexは個人間で送金できますか?

Curfexを使って個人間で送金することはできます。海外にいる友人へ送金したい場合は、日本の銀行から海外の銀行宛でCurfex経由で送金できます。

Curfexに限度額はありますか?

Curfexの入金上限額は特にありません。ただしAXIORYへ入金する場合、入金額2万円以下だと手数料1500円がかかってしまうのでご注意ください。

Curfexは信頼性の高い送金サービス

Curfexの評判と登録方法

Curfex(カーフェックス)の特徴、手数料、登録、入金方法について見てきました。

金融庁の基準にもクリアしており資金送金業者として登録できていることを鑑みても、信頼性の高さは十分高いと言えます。

Curfexを利用するか迷っていた方は安心してご利用ください。

Curfexで入出金できるAXIORYについての評判・口コミは以下の記事にまとめてあります。

AXIORYの評判まとめ!アキシオリー歴5年が口コミを元に徹底レビュー

>真のECN取引をしませんか?
真のECN取引をしませんか?

あなたが海外FXに透明性と取引環境の高さをもとめるのであれば、ECN口座をお勧めします。AXIORYはcTraderを使ったECN取引ができる数少ない海外FX会社です。

CTR IMG