AXIORYのNDD取引はハッタリか?海外FXのDD,DMA,STP,ECNの違いについて

AXIORYはNDD方式を採用している海外FX会社です。

当記事ではNDD取引がわからない人でも理解できるように、AXIORYのNDD取引について解説していきます。

口座によるSTPとECNの違いについても解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。早速AXIORYのNDD方式について見ていきましょう。

AXIORYはNDD取引です

AXIORYはNDD取引

AXIORYはNDD取引を採用しています。公式サイトを見てもNDDとの表記がありました。

AXIORYのNDD公式
公式サイトはこちら

続いては、DD方式とNDD方式の違いについて見ていきましょう。そもそもFXの取引の仕組みがわからない方は下記の補足をご覧ください。

補足:取引方式について
AXIORYの注文の流れ
投資家の注文はAXIORY経由で銀行(インターバンク)へ流れます。DD方式の場合は銀行へ流れない場合がありますが、NDD方式の場合は銀行へ流れます。

AXIORYのNDD方式、国内FXのDD方式について

AXIORYのDDとNDDについて

  • DD方式
    ディーリングデスク方式。顧客の注文を市場に流さないので、顧客の損失=FX会社の利益になる。国内FX会社に多い。
  • NDD方式
    ノンディーリングデスク方式。顧客の注文を市場に流すので、顧客の損失とFX会社の利益は無関係。海外FX会社に多い。

上記のように、FX取引にはDD取引とNDD取引の2種類の取引方法があります。

両者の違いについて深掘りして見ていきましょう。

DD方式:ディーラーが存在する

DD取引

DD取引ではディーラーが存在して投資家の注文をを仕分けします。勝ちそうな注文(A-book)はそのまま市場へ、負けそうな注文(B-book)は市場へ流しません。流した注文と流さない注文は以下のように処理されます。

DD方式で注文を流す場合(A-book)

注文を流した場合は、そのまま市場へ流れます。FX会社の利益はスプレッドのみで、顧客の勝ち負けとFX会社の利益は関係ありません。

DD方式で注文を流さない場合(B-book)

注文を流さない場合は、注文は市場へ流れません。顧客が負けた場合はFX会社の利益になり、顧客が勝った場合はFX会社の損失になります。顧客の損失=FX会社の利益になる構図を、利益相反の関係と言います。

NDD方式:ディーラーが存在しない

AXIORYのNDD取引

NDD取引ではディーラーが存在しません。顧客の注文はすべてA-bookとして市場に流れます。つまりFX会社の利益はスプレッドのみで、顧客の勝ち負けとFX会社の利益は関係ありません。

以上がDD取引とNDD取引の違いです。理解していただけましたか?続いてはDD方式とNDD方式の違いについて深掘りしていきましょう。

DD取引とNDD取引の違いと見分け方

DDとNDDの見分け方

続いては、DD取引とNDD取引の違いについて見ていきましょう。基本的にはDDのメリット=NDDのデメリット、 DDのデメリット=NDDのメリットです。

まずはDDの特徴から見ていきます。

DD取引の特徴

  • スプレッドが狭い
  • 注文が約定しやすい
  • 透明度は低く不正が起きる

スプレッドが狭い

DD取引最大の特徴はスプレッドが狭い事。なぜならDD取引において、FX会社の利益は「スプレッド+顧客の損失」だからです。いくらスプレッドが狭くても顧客が損失を出せばFX会社の利益ですからね。

注文が約定しやすい

DD取引では、注文がFX会社で一度約定するので約定までのスピードが早いです(FX会社で一度約定させた後、FX会社側が反対の注文を出すか決めます)。あなたが出した注文とマッチする反対側の注文は不要ですからね。

透明度は低く不正が起きる

DD取引唯一のデメリットが取引の透明度が低い事です。顧客の損失=FX会社の利益ですから、顧客が負ければ負けるほどFX会社の利益が増える仕組みになっています。つまり、顧客が勝ちすぎる事はFX会社にとって嬉しくないんですよ・・・それゆえFX会社側は顧客に対して以下の行為をすると言われています。

  • 約定拒否(リクオート)
    好ましくない注文の約定を拒否してしまう。
  • スリッページ
    注文価格と実際の約定価格をずらして不利な位置で約定させる
  • ストップ狩り
    スプレッドを拡大させて損切りラインまで届かせて損切りに合わせる

よくスプレッドについての記載で、「原則0.3pips!」というのを見かけませんか??原則0.3pipsですが時としてスプレッドが拡大します。スプレッドを拡大させて顧客の資金を根こそぎ刈り取るのはDD会社の常套手段ですし、注意が必要です。

楽天FXの1500pips事件

楽天FXでは、原則0.3pipsを宣言していたのに対して一時1500pipsまで膨らむ事件が起きた事があります。1500pips=15円ですからスプレッドとしては異常ですよね。この時、損切り注文を入れていた投資家の多くが損切りさせられました。

続いてはNDD取引の特徴についても見ていきましょう。

NDD取引の特徴

  • スプレッドが広い
  • 注文が約定しない事もある
  • 透明度は極めて高い

スプレッドが広い

NDD取引では顧客の損失とFX会社の利益は結びつかないので、FX会社の利益はスプレッドのみです。スプレッドを0.3pipsにしていたらNDD会社は倒産してしまいますから、DD会社のスプレッドは広く設定されています。USD/JPYで言うと、0.7pips~1.6pips程度ですね。

注文が約定しない事もある

NDD取引では市場の注文とマッチしなければ約定しなかったり、注文が滑る現象(スリッページ)が起きます。特にマイナー通貨ペアやCFDペア、明け方の時間帯などではスリッページが起きやすいのでご注意ください。許容スリッページ(スリッページの許容pips)を設定しておけば滑りすぎた注文を約定させない事ができるので設定しておくと良いでしょう。

透明度は極めて高い

NDD取引では透明度が極めて高くなります。FX会社の利益は顧客のスプレッドですから、顧客にはできるだけ勝って欲しいわけです。それゆえ、先ほど紹介したようなスプレッドの意図的拡大によるストップ狩りなどはありません。

ここまでDD取引とNDD取引の違いについて見てきましたが、一度まとめておきましょう。

DD取引とNDD取引の違い
DD取引NDD取引
業者国内FX業者海外FX業者
ディーラーいるいない
注文流すor流さない流す
スプレッド狭い広い
取引の透明性低い高い

スプレッドは狭いが取引の透明性が低い国内FX業者と、スプレッドが広いが取引の透明性が高い海外FX業者はどちらも一長一短でしょう。あなたがスプレッドの拡大によるストップ狩りや、レート操作の被害にあいたくなければNDD取引をおすすめいたします。

長くなりましたが、DD取引とNDD取引の違いは以上です。続いてはAXIORYがNDDである証拠をご紹介していきます。

AXIORYが正真正銘のNDD方式である理由

AXIORYがNDDである理由

海外FXの多くがNDD方式を採用していると発表していますが、実際のところ疑わしい会社が多いです。そのため、中にはAXIORYが本当にNDD方式なのか疑いを持つ方もいるでしょう。

AXIORYは、正真正銘NDD方式を採用しています。

理由がいくつかあるので見ていきましょう。

LPを全て公開している

AXIORYのリクイディティプロバイダー

LP(Liquidity providers)=リクイディティプロバイダー・・・FX会社に価格を提示する金融機関の事。大手金融機関、大手銀行。

AXIORYは提携先のLP(リクイディティプロバイダー)を公開しています。リクイディティプロバイダーの公開は本来不要ですが、公開している分透明性は高いと言えるでしょう。別にDD業者でもリクイディティプロバイダーと契約はしますが公開する事はまずありません。

AXIORYが契約するLP一覧

  • Barclays
  • Commerzbank
  • Deutsche Bank
  • Nomura
  • RBS
  • SocGen
  • UBS
  • Bank of America
  • Citi
  • Goldman Sachs
  • JP Morgan
  • Morgan Stanley

ボーナスを提供しない

NDD業者の収益モデルはスプレッドのみの薄利多売なので、ボーナスをばらまく事ができません。入金100%ボーナスや、口座開設で○万円ボーナス等はできないでしょう。(2020年の1月にAXIORYお年玉ボーナスキャンペーン開催されました。詳細はこちら)。ボーナスを提供していないAXIORYはNDD業者だと強く言えます。

対してDD業者は顧客の損失で回収できるので、ボーナスを配布する事が簡単にできます。年中ボーナスを提供していたり、ボーナス

AXIORYは基本的にボーナスを提供していません

スキャルピングを禁止していない

DD業者にとって利益を出すスキャルパーは敵です。なぜなら高速で注文を出されるとカバー取引が追いつかないから。その証拠にGMOやDMMは過度なスキャルピングを禁止しています。

AXIORYはスキャルピングを禁止していません。スキャルピングを禁止していないAXIORYはNDD取引をしていると言えるでしょう。

ここまでAXIORYがNDDである3つの理由(LPの公開、ボーナスの未提供、スキャルピングの容認)をお話してきました。

しかし、NDD取引にはさらに2種類の取引方法が存在します。続いてはAXIORYのSTP方式とECN方式にちついて見ていきましょう。

AXIORYのSTP方式とECN方式について

AXIORYのSTPとECNについて

AXIORYはNDD方式を採用していると言いましたが、実はNDD方式の中にも2種類の取引方式(STPとECN)が存在します。

DDとNDDとSTPとECNについて

STP方式とECN方式の違いから見ていきましょう。

STP方式とは?

STP方式の仕組み
STP方式とは「Straight Through Processing」の略で、トレーダーの注文に対して最も有利な価格を提示しているLPの価格を選択して、トレーダーに提供しています

STP方式ではカバー先であるLPの質と量が伴わなければ、トレーダーは有利な価格でトレードできません。

しかし、AXIORYはLPを全て公開しており、量と質ともに申し分ないので安心できます。

AXIORYのスタンダード口座ではSTP方式を採用していますよ。

ECN方式とは?

ECN方式の仕組み
ECN方式とは「Electronic Communications Network」の略で、トレーダーの注文価格に対して自動的に同価格の反対注文がマッチングし、注文が成立します

言わば、オークションのような形式です。

ECN方式では完全にFX会社の付け入る隙がないので、取引の透明性は極めて高くなります。

また、FX会社はマッチングした価格にスプレッドを上乗せすることもできないので、スプレッドはSTP方式に比べて狭いです。

しかし、NDD方式であることに変わりなく、スプレッドのみがFX会社の取り分であるため、スプレッドとは別に手数料を要求します。

AXIORYのナノスプレッド口座ではECN方式を採用していますよ。

AXIORYの口座タイプと取引方式

最初に述べましたが、AXIORYでは口座タイプによって取引方式が異なるわけです。

スタンダード口座ナノスプレッド口座
取引方式STP方式ECN方式
スプレッド標準的狭い
手数料無し往復0.6pips

スタンダード口座とナノスプレッド口座のスプレッドに関してですが、スプレッド+手数料で比較すると以下のようになります。

スタンダード口座ナノスプレッド口座
ドル円
USDJPY
0.91.3
ユーロ円
EURJPY
0.81.4
ポンド円
GBPJPY
1.41.8
豪ドル円
AUDJPY
1.01.8
ユーロドル
EURUSD
0.81.2
ポンドドル
GBPUSD
1.01.6
豪ドル米ドル
AUDUSD
1.11.8

ナノスプレッド口座の方が手数料全体で見て、全てにおいて狭いですね。

2種類の口座タイプですが、取引の透明度が高くスプレッドの狭いナノスプレッド口座がおすすめです。

これらの口座タイプについての詳しい特徴を知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ!

関連:【AXIORY口座タイプ比較】4種類の中でおすすめはどれ?

【結論】AXIORYはNDD方式の中でも最高評価

AXIIORYの取引方式
ここまで、AXIORYの取引方式について解説してきました。

AXIORYはNDD方式を採用しており、さらにはNDD方式の中でも透明性の高いECN方式を採用してます。

AXIORYの場合、LPを全て公開しているためSTP方式であるスタンダード口座の透明性も保証されますが、やはりスプレッドの狭いナノスプレッド口座がいいのではないでしょうか。

取引方式以外の評判については、以下の記事にまとめてあります。

関連:AXIORYの評判まとめ!AXIORY歴5年が口コミを元に徹底レビュー

↓↓AXIORYの公式サイトはこちら↓↓

>真のECN取引をしませんか?

真のECN取引をしませんか?

あなたが海外FXに透明性と取引環境の高さをもとめるのであれば、ECN口座をお勧めします。AXIORYはcTraderを使ったECN取引ができる数少ない海外FX会社です。

CTR IMG