AXIORYの入金方法で手数料無料なのはこれ!絶対確認すべき項目まとめ

AXIORYの入金方法は「銀行送金」「クレジットカード」「オンラインウォレット」など、全部で6種類。

AXIORYの入金方法

  • 国内銀行送金byCurfex
  • 海外銀行送金(現在入金停止)
  • クレジット/デビットカード(現在JCBのみ)
  • Eウォレット(STICPAY)
  • 仮想通貨(Bitpay)
  • オンライン決済サービス(VLoad)

注意:Netteller、Skrill、BitwalletはAXIORYでは利用することができません。

AXIORYでは6種類の入金方法を用意しており、基本的にはどなたでもストレスなく入金できます。

本記事では、AXIORYの入金方法を手数料や入金時間、出金ルールなども考慮しつつ比較していきます。

それでは見ていきましょう。

AXIORYの入金方法は全部で6種類

AXIORYの入金方法

まずは、AXIORYの6種の入金方法についてご紹介していきます。

利用対象最低入金額最大入金額反映時間手数料(※1)
国内銀行送金
by Curfex
フルステージ1100円上限なし-24時間無料
国際銀行送金現在不可1万円上限なし3-20営業日無料
クレジット
デビット
(※2)
ライトステージ
フルステージ
5000円50万円/回即時無料
STICPAYライトステージ
フルステージ
5000円50万円/回即時無料
仮想通貨
(BitPay)
フルステージ5000円50万円/日-15分無料
VLoadフルステージ5000円50万円/回即時無料

(※1)手数料は2万円以上の入金で無料ですが、2万円以下の入金だと1000円かかります。
(※2)クレジットカードは現在JCBのみの対応。VISAは利用することができません。

一番お勧めなのはCurfexを使った国内銀行送金です。

Curfexとは銀行を使った送金サービスで、Curfexを経由して送金することで手数料を安く送金することができます。

出金時もCurfexを経由して出金できるので、楽に安く入出金したい方におすすめです。

参考:Curfexは香港の送金サービス業者。安全性や登録方法についてのまとめ

AXIORY入金前に押さえておくべき注意点

AXIORY入金前の注意点

最もおすすめな入金方法はCurfexであるとお伝えしましたが、入金手段は慎重に選びたい方もいらっしゃるでしょう。

そこで入金前に押さえておくべき注意点をまとめました。

入金時の注意点

  • ライトステージでの入金は制限あり
  • 入金手段と出金手段は同じ
  • カード入金は出金ルールが複雑
  • 2万円以下の入金には1500円の手数料

それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

1.ライトステージでの入金は制限あり

AXIORYには全ての制限がないフルステージとは別に、体験版のようなライトステージが用意されています。それぞれの違いは以下の通り。

フルステージとライトステージの違い
ライトステージフルステージ
入金額の制限12万円まで制限なし
出金額の制限入金額まで利益も出金可
入出金方法クレカ/デビット
(VISA・JCB)
スティックペイ
国内銀行送金
クレカ/デビット(VISA・JCB)
スティックペイ
仮想通貨/ブイロード
ご提出必要書類​・本人確認書類・本人確認書類
・現住所確認書類
・セルフィ
お取引開始までの時間約5分営業日24時間以内

ライトステージは本人確認書類だけで取引をスタートさせることができますが、入金方法や出金額に制限があります。

入金額の上限は12万円で、出金額の上限は入金額までです。最大でも12万円入金して12万円出金することしかできず、利益分の出金をするためにはフルステージへの変更が必要になります。

以上のことから、基本的にはフルステージで口座開設するのがお勧めです。

2.入金手段と出金手段は同じでなければならない

AXIORYに限らず、入金手段と出金手段は同じである必要があります。海外送金したなら出金先は海外送金、STICPAYで入金したらなら出金先はSTICPAYです。

ちなみにこれはAML(アンチマネーロンタリング)の観点で、どの海外FX会社でも採用しています。

AML(アンチマネーロンタリング)とは?

2001年の米国での同時多発テロ以降、米国を中心に、各国当局の金融機関に対するマネー・ロンダリング対策(AML)の要求が高まっております。当社は、国際的金融サービスを提供する企業として、マネー・ロンダリング対策の方針に準拠した営業を行っており、入金名義と口座名義が異なる入金、資金移動を目的と思われる入出金等、不正と思われる資金の移動に対しては、当社の規約ならびにポリシーに則り、防止・報告する義務を負います。(参考:AXIORY公式)

3.クレカ入金の場合、入金額以上は海外送金

クレジットカード入金とデビットカード入金については、入金額までしか出金できないというルールがあります。

理由としては、クレカ/デビット出金が「カードの返金システムを利用している」からです。入金額以上の返金はできませんからね。

クレジットカードで入金した場合、入金額まではクレジットカードで出金+それ以上の出金額は銀行送金になります。

クレジットカードの入金額までは、必ずクレジットカードで出金しなければならない事にも注意しておいてください。

例を出して確認しておきましょう。

例)クレジットカードで100万入金、利益を出し150万円で出金する場合

→クレジットカード出金100万円、銀行送金50万円

→銀行送金150万円はできません。

4.入金額2万円以下だと1500円の手数料

2万円以下の入金には1500円の手数料がかかります。

海外送金以外はAXIORYが入金手数料を負担してくれますが、そもそも2万円以下の入金だと手数料として1500円とられてしまいます。

手数料を取られないためにも、入金額は2万円以上がおすすめです。

それでは各入金方法について詳しく見ていきましょう。

AXIORYの国内銀行入金(Curfex)

AXIORYの国内銀行送金

入金出金
対応通貨JPY
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,000 円/回(※1)
利用対象フルステージ
法人利用
反映時間営業日24時間営業日24時間
最小額1,100円1,100円
最大額なし(※2)なし(※2)

(※1)入金時に銀行から請求される手数料は自己負担。
(※2)高額の場合、分割決済の可能性あり。

AXIORYの国内銀行送金は、Curfexというオンライン送金サービスを利用して送金します。

Curfexとは、香港に拠点をおく国際的な送金サービスで、日本金融庁にも登録されている信頼性の高い入金方法です。

海外銀行を経由する中継手数料などがかからないので手数料が安く済むのが特徴で、AXIORYでは2万円以上のの入金で入金手数料は無料になります。

まだサービス開始して日が浅いので導入しているFX会社が少ないですが、国内銀行へ入金できる手段としてかなり便利なので今後は増えていくでしょう。

続いてメリットデメリットを確認します。

AXIORY国内銀行入金のメリット

国内銀行入金のメリット

  • 手数料が無料
  • 国内銀行で送金できる

国内銀行入金のメリットは、「手数料無料」と「国内銀行への送金で完了する」の2点です。

国内のFX会社と同じように入金すればCufrexがAXIORYへ送金してくれます。入金自体の手続きも、AXIORYの入金フォームからCurfexを案内してくれるのでスムーズです。

AXIORY国内銀行入金のデメリット

国内銀行入金のデメリット

  • 最大で1日かかる
  • 円口座以外は利用できない

国内銀行入金のデメリットは、入金反映に最大1日かかる事です。

クレジットカード入金やSTICPAYを使ったオンラインウォレット入金の方が入金スピードが早いので、即時取引したい方にはこちらをおすすめいたします。

AXIORYの国内銀行入金の方法

AXIROYでCurfexを使った国内銀行送金の方法についてご紹介します。

まずはMyAxioryにログインしてください。口座一覧がでてくるので、入金したい口座をクリックし「入金」を選択してください。

Curfexによる国内入金

続いて国内銀行送金を選択してください。

Curfexによる国内入金

またCurfexで登録していない方は先に登録する必要があります。以下の文言が出てきたら、そのままCurfexのHPへ進んで会員登録してください。

私は、ペイメント会社であるCurfex Japan Inc (Company No.0100-01-183897)の登録目的において、個人情報を提供することに同意し、資金移動に必要な個人情報及び身分証明書を提供します。

登録している方は、続いて入金先銀行口座を選択しましょう。「Rakuten Bank(楽天銀行)」「Mizuho Bank(みずほ銀行)」「PayPay Bank(PayPay銀行)」から選ぶことができます。

Curfexによる国内入金

選択した銀行ごとに入金先情報が表示されるので、お持ちの銀行から送金すれば入金完了です。

Curfexによる国内入金

続いて、海外銀行入金を見ていきましょう。

AXIORYの海外銀行入金

AXIORYの海外銀行送金

入金出金
対応通貨JPY, USD, EUR
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,500 円/回¹
利用対象フルステージ
(現在利用不可!!)
法人利用
反映時間3-20 営業日3-20 営業日
最小額10,000 円10,000 円
最大額

現在AXIORYでは、海外銀行送金による入金はできません。

そもそも海外送金は手数料が5000円ほどかかりますし、反映時間も1週間前後かかるのでおすすめしておりません。

国内送金ができない時代は、50万円以上の入金は海外送金がメインでした。

しかし2019年2月に国内銀行送金が実装されてからは、国内送金が主流です。わざわざ時間も手数料もかかる海外送金で入金する人はいませんから。

それでは海外銀行送金のメリット・デメリットを見ておきましょう。

AXIORY海外銀行入金のメリット

海外銀行入金のデメリット

  • 円口座以外、かつクレカ入金額以上の入金の人には有用

海外送金の唯一のメリットは、円口座以外の口座(ドル口座やユーロ口座)でも使えるという点です。

口座解説時にJPYを選んでおけば日本円口座なのですが、それ以外の口座(EURやUSD)を選択していると国内銀行送金はできません。

正直、まだ資金を入れていないのなら日本円口座で口座開設し直した方がお得に入金できるので、、、口座開設し直した方がお得かと。

もちろん海外に住んでいて国内送金できない方は、海外送金を使うのがおすすめです。

続いてはデメリットを見ていきましょう。

AXIORY海外銀行入金のデメリット

海外銀行入金のデメリット

  • 手数料が5000円かかる
  • 反映時間が3日〜10日

やはり、海外銀行送金の一番のデメリットは手数料が高く、反映時間も長すぎる事です。

なぜ海外銀行だけそんなに手数料がかかるのかと言うと、銀行を中継してて手数料が3回取られるから。

初めの送信手数料、中継先銀行での中継手数料、受け取り先での受け取り手数料の3つの手数料がかかってしまうので、5000円前後の手数料がかかってしまいます。

何度も言いますが、おすすめはしません。

一応入金方法についても確認しておきましょう。

AXIORYの海外銀行入金の方法

AXIORYの公式サイトから、MyAXIORYにログインします。

口座一覧がでてくるので、入金したい口座をクリックし「入金」を選択してください。

すると下のような画面がでてくるので、海外送金をクリックしましょう。

AXIORYの海外送金方法

銀行送金の通貨:JPY

使用する銀行:DOHA BANK

を選択すると、振込先が表示されます。こちらの振込先に銀行から振り込めば振込完了です。

補足:振込先(現在は停止中)

【銀行】
銀行名:DOHA BANK
住所:21 century building 2 Sheikh Zayed Rd – Dubai United Arab Emirates
SWIFT (スウィフトコード): DOHBAEAD
【受取人】
口座名:AXIORY GLOBAL LTD.
受取人住所:No. 1 Corner of Hutson Street and Marine Parade, Belize City, Belize
予備欄:Acc. 9005609
銀行へのメッセージ:PAYMENT TO BE ROUTED VIA DOHA BANK HEAD OFFICE SWIFT – DOHBQAQA FURTHER CREDIT TO DOHBAEAD
【口座詳細】
JPY 口座番号:503291957301
JPY IBAN:AE710545032919507003001
パーパスコード:AFA
【中継銀行】
名前:BANK OF TOKYO MITSUBISHI UFJ LTD.
SWIFT:BOTKJPJT

継いて、少額入金で即時反映のクレジットカード入金・デビットカード入金について。

AXIORYのクレジットカード・デビットカード入金

AXIORYのクレジットカード入金

入金出金
対応通貨JPY, USD, EUR
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,000 円/回
利用対象ライトステージ・ フルステージ
法人利用可¹
反映時間即時3-20 営業日
最小額5,000 円1,100 円
最大額500,000 円/回カード入金時の金額² ³

対応いているクレジットカードはJCB(ジェーシービー)のみです。

・VISA(ビザ)
・MasterCard (マスターカード)
・Diners (ダイナース・クラブ)
・American Express (アメリカン・エキスプレス)

には対応していないのでご注意ください。

MastereCard,Diners,American Express,VISAで入金したい場合は、後ほど紹介するオンラインウォレット(STICPAY)やクーポン入金システム(VLoad)に入金しそこからAXIORYに入金すれば取引をする事ができます。

ではメリット・デメリットを見ていきましょう。

AXIORYのクレカ/デビット入金のメリット

クレカ/デビット入金のメリット

  • 手数料が無料
  • 即時反映される

メリットは、手数料が無料な点と即時反映される点。

国内銀行も手数料は無料ですが、反映時間に1日程度かかります。

今すぐ取引したいのならクレジットカードでの入金をおすすめいたします。

AXIORYのクレカ/デビット入金のデメリット

クレカ/デビットのデメリット

  • JCB以外のカードは非対応
  • カード限度額以上の入金は不可能

先ほどもお伝えしましたが、対応カードはJCBのみです。

さらにカード自体に上限額が設定されている場合は、もちろん上限額以上の入金はできません。

100万円単位で入金する方にはむかない入金方法ですが、5万円くらい入金して試してみたい方にはおすすめでしょう。

では入金方法を確認しておきます。

AXIORYのクレカ/デビット入金の方法

AXIORYのマイページ(MyAXIORY)にログインしたら、口座を選択しましょう。

入金方法一覧からクレジットカード送金を選択してください。

AXIORYのクレジットカード入金

入金するカードを既に登録している場合はそのままカードを選択し、新しいカードで送金する方は新規カードで入金するを選んでください。

AXIORYのクレジットカード入金

続いて入金額の入力画面が出てきます。保存する場合は「カード情報を次回以降のために保存する」にチェックマークをいれて次へ進みましょう。

AXIORYのクレジットカード入金

最後にカード番号、有効期限、セキュリティコード、クレジットカード名義人氏名を入力すれば完了です。

AXIORYのクレジットカード入金

口座名義とクレジットカード名義が違う場合は入金できないので、必ずあなた名義のクレジットカードで入金するようにしてくださいね。

セキュリティコード(CVV2/CVC2/CAV2)は、カード裏に書いてある3桁ないし4桁の番号のことです。

つづいて、STICPAY入金について見ていきましょう。

AXIORYのSTICPAY入金

AXIORYのSTICPAY入金

入金出金
対応通貨JPY, USD, EUR
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,000 円/回¹
利用対象ライトステージ・ フルステージ
法人利用不可
反映時間即時(弊社手続き完了後)営業日24時間
最小額5,000 円1,100 円
最大額500,000 円/回

STIPAYは、海外FXへの入金や海外FX送金につかわれるオンラインウォレットです。

先ほど紹介したCurfex(国内銀行送金)は送金するだけのサービスですが、STICPAY(オンラインウォレット)はお金をウォレット内に入れておく事ができます。

AXIORYのオンラインウォレットの違い

一度資金を入れておけば、そこからいろんな振込・送金ができるのでオンラインの財布=オンラインウォレットと呼ばれています。

ではメリットとデメリットを見ていきましょう。

AXIORYのSTICPAY入金のメリット

STICPAY入金のメリット

  • 手数料が無料
  • 即時反映

クレジットカード同様、手数料無料で即時反映されます。

一つ注意していただきたいのは、STICPAYへ入金する事自体にお金がかかる点です。

詳しくは、次のデメリットで説明しますね。

AXIORYのSTICPAY入金のデメリット

STICPAY入金のデメリット

  • STICPAYに入金する時に手数料がかかる

オンラインウォレットを使用する時に気をつけなければならないのが、STICPAYへ入金する事自体にお金がかかる事です。

STICPAYからAXIORYへの入金は手数料無料ですが、STICPAYを利用するには一度STICPAYへ入金する必要があります。

このSTCPAYへ入金する時に手数料がとられてしまいます。

実際にどの程度取られるのかと言うと、、、以下の通り。

STICPAYの手数料
入金手数料出金手数料
国内銀行送金1%600円 + 2.5%
海銀行送金1%5%+銀行間手数料
クレジットカード3.85%×

これほどの手数料を支払い、入出金をする意味はないでしょう。

あるとすれば、今月の手持ちのお金がなくて、クレジットカードもAXIORYは非対応で、でもどうしても今月入金しておきたい!と言う人くらいです。

AXIORY以外にも複数の入出金をSTICPAYで行っている方も、

つづいて、入金手順を見ていきます。

AXIORYのSTICPAY入金の方法

AXIORYのマイページ(MyAXIORY)にログインしたら、入金したい口座を選択します。

入金方法でSTCPAYを選択しましょう。

AXIORYのSTICPAY入金

続いて入金額を入力してください。

AXIORYのSTICPAY入金

最後にSTICPAYのログイン画面が出てくるので、メールアドレスとパスワードを入力してログインすれば完了です。

AXIORYのSTICPAY入金

STICPAY側で承認されれば、AXIORYへの入金が完了します。

AXIORYのBitpay入金(ビットコイン入金)

AXIORYのビットコイン入金

入金出金
対応通貨JPY, USD, EUR
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,000 円/回¹
利用対象フルステージ
法人利用
反映時間確認後15分(当社営業日)³1-5 営業日³
最小額5,000 円1,100 円
最大額500,000 円/日1,000,000 円/日

Bitpayとは、Bitpay社が運営するビットコインウォレットサービスです。

先ほど紹介したSTICPAYは円でもっておくのに対して、Bitpayはビットコインでもっておきビットコインで支払うシステム。

AXIORYへ入金できるビットコインの種類は以下の6種です。

仮想通貨
BTCビットコイン(Bitcoin)
BCHビットコイン(Bitcoin)
BTCビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
ETHイーサリアム(Ethereum)
XRPリップル(Ripple)
RAXパクソススタンダード(Paxos Standard)
GUSDジェミナイドル(Gemini dollar)
USDCユーエスディーコイン(USD coin)
BSDバイナンスドル(Binance USD)

それでは入金方法のメリットデメリットを見ていきましょう。

AXIORYのbitpay入金のメリット

bitpay入金のメリット

  • ビットコインで入金できる
  • 手数料が無料

Bitpay入金は、AXIORYに唯一ビットコインで入金できるシステムです。

手数料も無料ですし、使わないビットコインを投資資金にあてたい方なら利用価値はあるでしょう。

つづいてはデメリット。

AXIORYのbitpay入金のデメリット

bitpay入金のデメリット

  • Bitpayに入金するのに手数料がかかる
  • ビットコイン以外は銀行送金のみでの出金

先ほどのSTICPAY同様、BItpayからAXIORYへの入金にお金はかかりません。ただBitpayへ入金する時に手数料がとられます。すでにビットコインを所有していてビットコインを売却→FX取引の資金にしたい人以外は、使うメリットが見当たりません。

さらに、ビットコインであればビットコインで出金する事ができますが、それ以外の仮想通貨で入金した場合は国際銀行送金での出金になります。

AXIORYのbitpay入金の方法

AXIORYのマイページ(MyAXIORY)にログインしたら、入金したい口座を選択します。

口座を選択したら、入金方法でBitpayを選択しましょう。

AXIORYのBitpay入金

続いて入金額を入力してください。入金額を仮想通貨で決めている場合、単位を日本円に直す必要があります。

AXIORYのBitpay入金

BitPayのログイン画面が出てくるのでログインしてください。その後はBitpay側で手続きを続けて完了です。

AXIORYのBitpay入金

入金が完了するまでは15分程度。さすが仮想通貨ですね。

AXIORYのVLoad入金

vloadについて

入金出金
対応通貨JPY, USD, EUR
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,000 円/回¹
利用対象フルステージ
法人利用
反映時間即時営業日24時間
最小額5,000 円2,000 円
最大額500,000 円/回

VLoadは、ポーランドの金融機関Global Primex Limitedが運営するクーポン入金システムです。

Global Primex Limited自体はモーリシャスにて金融ライセンスを取得しているので、割と信頼できます。

AXIORYのVLoad入金のメリット

VLoad入金のメリット

  • カード入金の幅が広い
  • 手数料が無料

AXIORYのクレジットカード入金で取り扱っているのはJCBだけです。

しかしVLoad経由であれば、VISA,MASTERをはじめとして世界各国のクレジットカードを利用することができます。

入金方法として利用できるクレジットカードは以下の種類になります。

JCBカードを持っておらず、他のカードで入金したい方にはぴったりの入金方法ですね。

AXIORYのVLoad入金のデメリット

VLoad入金のデメリット

  • VLoad側で手数料がかかる

AXIORYで手数料が取られることはありませんが、VLoad側で手数料が発生します。

クレジットカードの場合は手数料3.5%が引かれてしまいます。かなりの痛手ですね。

ちなみにVLoadでは銀行送金も行うことができますが、手数料2%かかってしまうのでお勧めできません。Curfexを利用すれば手数料無料で入金できますからね。

入金方法としては以下の3ステップです。

VLaodの入金方法

AXIORYのマイページ(MyAXIORY)にログインしたら、入金したい口座を選択します。

口座を選択したら、入金方法でVLoadを選択しましょう。

AXIORYのvload入金

VLoadアカウントを持っている方はそのまま入金するを選択してください。VLoadアカウントを持っていない方は、先に作成しましょう。

AXIORYのvload入金

支払い画面に進むと、VLoadクーポンのPINナンバー入力画面がでてきます。PINナンバーを入力して支払いを済ませましょう。

AXIORYのvload入金

ここまで6つの入金方法を紹介してきました。

しかし過去には他にもいくつかの入金方法がつかえました。過去の入金方法が停止になった理由と、入金してしまった人の出金方法について紹介していきます。

最近始めた人には関係のない話ですので、飛ばしていただいて結構です。

AXIORYで現在使えない入金方法

AXIORYで現在使えない入金方法

AXIORYで現在使えない入金方法は以下の3つです。

利用停止中の入金方法

  • NETELLER
  • Skrill
  • bitwallet

それぞれの入金停止理由と出金方法を確認しておきましょう。

AXIORYのネッテラー入金(停止中)

AXIORYのネッテラー

入金出金
対応通貨JPY, USD, EUR
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,000 円/回¹
利用対象日本人は対象外
法人利用日本人は対象外
反映時間即時営業日24時間
最小額5,000 円1,100 円
最大額500,000 円/回

2016年9月末で、ネッテラーの入金・出金サービスは停止しています。

すでにネッテラーで入金した分に関しては、海外銀行送金を利用して出金できるので心配は不要です。

2016年9月に、ネッテラーは日本から撤退したためAXIORYとの提携も解除されました。

「ネッテラーは現在、日本のお客様向けサービスを停止しております」とのことなので、海外からの入金に使うことはできます。

しかし2018年10月に関東財務局の登録をし、日本でのサービスを再開しています。そのうちAXIORYでも解禁されるのかもしれません。

ただ、既にAXIORYはSTICPAYと提携を結んでいるので不要といえば不要ですがね。

AXIORYのSkrill入金(停止中)

AXIORYのスクリル

入金出金
対応通貨JPY, USD, EUR
入出金手数料20,000 円以上無料
20,000 円未満1,000 円/回¹
利用対象日本人は対象外
法人利用日本人は対象外
反映時間即時営業日24時間
最小額5,000 円1,100 円
最大額500,000 円/回

2016年9月末で、スクリルの入金・出金サービスは停止しています。

すでにスクリルで入金した分に関しても、海外銀行送金を利用して出金できるので心配は不要です。

スクリルはイギリスで生まれたオンラインウォレット決済サービス。オンラインカジノやブックメーカーの入金として、ヨーロロッパで広く使われています。

ただ、ネッテラー同様2016年9月で日本からは撤退。この時期、金融庁の規制が厳しくなったのでしょう。

そもそもスクリルは、2015年3月にネッテラーにより買収されています。

親会社のネッテラーが撤退するからスクリルも撤退するのは自然な流れですね。

2019年現在も、スクリルは日本へ戻ってきていないので今後も復活する可能性は低いでしょう。

AXIORYのbitwallet入金(終了)

AXIORYのビットウォレット

2019年3月末で、ビットウォレットの入金・出金サービスは停止しています。

すでにビットウォレットで入金した分に関しても、海外銀行送金を利用して出金できるので心配は不要です。

bitwalletが提携を停止した理由は、AXIORYがそれまで提携していたシュパーカッセ銀行(Sparkasse)との提携終了にあります。

ではなぜAXIORYがシュパーカッセ銀行と提携終了したのかと言うと・・・

「ドイツのシュパーカッセ銀行が非ユーロ支払いの制限をかけたから」です。

当時書かれたマルタタイムズによると、新たにかけた制限は以下の2つ。

  • 特定のセクターへの非ユーロ支払いを制限
  • SEPA内の支払いはユーロで行う必要

SEPA(Single Euro Payment Area):単一ユーロ決済圏のこと。

参考:マルタタイムズ(全文英語)

非ユーロ支払いの制限をかけると言うことは、日本円での入出金ができなくなると言うこと。

本来、こう言ったトラブルはFX業者とオンラインウォレット会社間だけの問題で直接ユーザーに知らされることはありません。おそらく2社の間に揉め事があったのは確かでしょう。

喧嘩別れ的な感じですが、AXIORYは誠実に対応しているのは事実です。

・新たな銀行(ユニオン銀行、ドーハ銀行)との提携
・オンラインウォレット(STICPAY)の追加提携
・国内銀行送金に対応

上記のことにすぐさま対応したAXIORYは、FX会社としての価値を高めたと言えますね。

参考:【AXIORYとbitwalletのゴタゴタまとめ】喧嘩別れか経営破綻か

では最後に、AXIORYの入金に関するQ&A集をご紹介して終わりましょう。

AXIORYの入金に関するFAQ

AXIORYの入金に関するFAQ

Q.AXIORYで入金できないんですが?

クレジットカードであればVISAとJCB以外での入金をしようとすると、入金できません。ビットコイン入金の場合、取引所連結型のウォレットですと入金できません。

また、最低入金額を下回る入金額ですと入金が遂行されません。

Q.AXIORYの最低入金額はいくらですか?

AXIORYの最低入金額は、国内銀行送金であれば1500円です。海外銀行送金/クレジットカード/デビットカード/STICPAY/Bitpayに関しては1万円が最低入金額になっています。

2万円以下の振込だと、1500円の手数料が別途かかります。

Q.AXIORYで使えるCurfexとは何ですか?

Curfexとは、AXIORYへ国内銀行送金を行うための送金サービス会社です。日本の金融庁の管轄下にあるサービスで、信頼性はとても高いと言えます。

Q.AXIORYへビットコインでの入金はできますか?

取引所連結型のウォレットからは、決済会社の処理方法変更(ペイメントプロトコル方式採用)によりご入金いただけない可能性がありますが、そのほかの入金はできます。

Bitpayを通しての入金になります。

Q.AXIORYへプリペイドカードでの入金はできますか?

プリペイドカードでの入金はできません。クレジットカード/デビットカードをご利用ください。

AXIORYの入金が終わったら

AXIORYの入金が終わったら

AXIORYの入金が終わったら、早速取引していきましょう。

AXIORYではMT4とcTraderの2種類の取引方法があり、口座解説時に選択した方の取引プラットフォームで取引をしていきます。

それぞれのダウンロード〜使い方は以下の記事に書いているので、参考にしてください。

参考:【AxioryをMT4で取引】ダウンロード~ログインの悩み全て解説

参考:AXIORYのcTraderって一体何?MT4との比較と始め方!

↓↓AXIORY口座開設はこちら↓↓

AXIORYの評判については”AXIORYの評判まとめ!AXIORY歴5年が口コミを元に徹底レビュー“をご覧ください。

>真のECN取引をしませんか?
真のECN取引をしませんか?

あなたが海外FXに透明性と取引環境の高さをもとめるのであれば、ECN口座をお勧めします。AXIORYはcTraderを使ったECN取引ができる数少ない海外FX会社です。

CTR IMG